ムダ毛処理の失敗なんてしょっちゅうです。

例えばそり残しがどうしても気になって何度も脱毛機やカミソリを往復させて毛穴が赤くなってしまった!!とか。

アフターケアをちょっとサボったらガサガサになって白く粉をふいた!!とか。

レーザー脱毛後のきれいなつるつるの肌を目指しても自分でのムダ毛処理ではなかなかうまくいかないのが現状です。

昔からレーザー脱毛したかったのですが、

その機会には恵まれませんでした。

レーザー脱毛の値段も結構高いので・・・。

私のはじめてのムダ毛処理

自分でのムダ毛処理の中でも一番の失敗は、はじめて自分でムダ毛の処理をした時です。

思春期になれば誰でも自分の体毛が気になりますよね。

私も中学生になると次第に手足の体毛が気になるようになってきました。

ですが、私はまだ恥ずかしくって友人に脱毛の処理の仕方などは相談できませんでした。

レッツ!チャレンジ ムダ毛処理

ただ、聞きかじりでどうやら自分でムダ毛を処理するらしいこと、それにはカミソリを使うことはわかりました。

カミソリといえば、家にあるT字型の安全カミソリです。

「顔の産毛をそるのに使っているカミソリを使えばいいのか・・・そういえば同じ毛だし・・・」と、妙に納得したことを覚えています。

しかし、初めてムダ毛を処理する時にはちょっと勇気がいりますよね。

その上、安全カミソリとはいえカミソリの刃をよく見るとよく切れそうですし・・・。

ですがある日、意を決して風呂場に安全カミソリを持ち込みました。

そして、何も考えずカミソリの刃を腕にあて、少し滑らしたのです。

驚きの結果が・・・

そしたら毛穴から血が!

びっくり仰天!!

もう半泣きでどうしていいかわからず呆然としました。

血はすぐに止まりましたがとってもショックでした。

当たり前ですよね、ぬらさず、石鹸もつけずにカミソリを使ったら傷つくのは。

後から考えれば、産毛をそる時は石鹸水を使っていたのだから同じようにすればよかったのですが、初めてのムダ毛処理に緊張していてそんなことぜんぜん思いつかなかったんです。

私の初めてのムダ毛処理は大失敗で終わりました。

しばらく自分でムダ毛の処理をしようなどとは考えなかったほどです。

後からいろいろ便利なカミソリや家庭用脱毛機があるのを知って驚き、さらにレーザー脱毛があるのを知ってびっくりしました。

何故もっと早く知らなかったのだろうととても後悔をしました。

今では笑い話ですが、初めてのムダ毛処理の大失敗した時のあのびっくりした気持ちは今でもよく覚えています。

レーザー脱毛をプレゼント

あんな思いは子どもにはさせたくないなーっと、思っています。

娘が思春期に入る少し前にはムダ毛の処理について話そうと決めています。

そして娘が年頃になったらレーザー脱毛をプレゼントしてあげれたらいいなと思っています。

レーザー脱毛貯金がんばります!!