ムダ毛の自己処理脱毛とレーザー脱毛はどのように違うのか知っていますか?

自己処理脱毛とレーザー脱毛の違いについて考えて見ましょう。

ムダ毛の自己処理方法

まずはムダ毛の自己処理脱毛方法にはどんな方法があるでしょうか?

自己処理脱毛の方法は大きく分けて3つの方法があります。

一つ目は毛を切る方法です。

カミソリやシェービングがこの毛を切る方法になります。

この方法のレーザー脱毛との最大の違いは手軽さと安価なことですよね。

ですがレーザー脱毛と違ってずっとお手入れを続けなくてはいけません。

さらに肌を傷つけ炎症を起こしてしまう可能性もあり、場合によっては色素沈着を起こすこともあります。

またすぐ毛が伸び、毛先がちくちくするのも問題ですよね。

二つ目の方法は毛を抜く方法です。

毛抜き・ワックス・電気脱毛機がこの毛を抜く方法になります。

この方法は自己処理脱毛方法では一番長く脱毛状態を保てるのが魅力ですよね。

でもレーザー脱毛とは違うので永久に脱毛とは縁が切れません。

さらに毛穴のダメージはとても大きく、穴に細菌が入って炎症をおこしたり、炎症が原因で色素沈着をおこす場合があります。

また、根元まできちんと抜けなかった毛が埋没毛になることも。

さらに埋没毛が炎症を引き起こしたら最悪ですね。

三つ目の方法は毛のたんぱく質を溶かす方法です。

脱毛クリームや脱毛ムースがこの毛のタンパク質を溶かす方法になります。

手軽で痛みもなくちくちくする感じもあまりないのが魅力です。

でもこれもレーザー脱毛と違って脱毛と一生のお付き合いです。

さらに、毛のタンパク質を溶かすということは、同時に皮膚のタンパク質も溶かしてしまい、肌荒れや皮膚の炎症を起こす事があります。

魅力のレーザー脱毛

レーザー脱毛はどうでしょうか。

レーザー脱毛とはレーザーを照射することで毛を作る細胞である毛母細胞を破壊する方法です。

このレーザー脱毛の最大の魅力は永久的に脱毛できることですよね。

レーザー脱毛は脱毛のわずらわしさや、脱毛での肌へのダメージから永久的に開放されるのです。

最高ですよね!!

ただレーザー脱毛の問題は費用がかかることと、医療機関でしか行なえないことです。

また、人によっては痛みがある場合もあります。

(テスト照射をしてもらうと事前にどのくらいの痛みか知ることが出来ます。)

自己処理脱毛もレーザー脱毛もそれぞれメリット・デメリットがあります。

しっかりと情報を収集し、自分にあった脱毛方法を選びましょう!!